不動産投資のリスクを回避して安全に運営する極意

複数回参加しよう

不動産投資セミナーは不動産投資について勉強できる貴重なイベントです。1回参加して満足するのではなく、いくつかの不動産投資セミナーに参加してみましょう。不動産投資セミナーによって少しずつ内容が異なっています。

経営効率化の妙案

集合住宅

情報を集積させて一元管理できるのは賃貸管理システムを導入するメリットです。入居者や物件についての情報に基いて契約書などの作成や積み立て額の計算などを自動で行ってもらえるため、経営を効率化することができます。

利便性と家賃が大事です

男性

マンション経営で収入を確実に確保していきたいのであれば、利便性が高い割には家賃がリーズナブルだと判断してもらえるような地域を選ぶとよいです。このような地域は主に都市部の中心部から少し離れたところに位置します。

元本変動商品に投資しよう

男の人

資産運用は定期預金や国債などといった元本を毀損しない金融商品でしか行わない人も、かなりたくさんいます。しかし、安全だと考えている定期預金や国債にもリスクはあります。それはインフレーションリスクです。景気循環の中では、必ずインフレーションが起きます。インフレーションが起これば、物価は上昇し、貨幣の価値が相対的に下がります。そのため、元本が変動しない定期預金や国債は実質的に目減りをしてしまうのです。このインフレーションリスクは、目に見えるものではないため、なかなか理解しがたいのも事実です。しかし、考え方はとてもシンプルです。例えば、去年は200万円で購入することができた車が、今年は220万円で販売されるようになった、というような事象です。200万円の定期預金を崩しても、車は買えません。つまり、去年は車1台分の価値があった200万円が、今年は車1台分の価値がなくなっているのです。これがインフレーションです。このインフレーションリスクを回避する方法はシンプルです。それはインフレーションに強い資産に投資をすることです。お勧めは不動産投資です。不動産投資であれば、家賃をもらいながらインフレーションに備えることができます。さらにローンを組んで不動産投資をすれば、ローンの元本もインフレーションにより変動しないので、その価値が目減りします。つまり、二重でインフレーションの備えになるわけです。まとまった資金があるのであれば、その一部で不動産投資を始めてみましょう。